174 声優になれない呪文 終章

『ちょっと待ってください』

「出演者」にはドラマの進行を止める権利がありません。求められているのは、自分の事情を曲げて全体の流れに合わせられる人だけです。


『なんか疲れるんですけど』
『そこまでやらなくちゃいけないんですか?』

「声優」はやったふりではなく本当にやっているので「役」によってはかなり疲れます。「文章を読み上げただけで演技した事になる仕事」と思い込んでいた人は、この現実を受け入れるのに時間が掛かります。そうして出遅れ、ついていけないまま通学期間を終えてしまうようです。


『…と言われたので』
『…じゃないんですか?!』

「声優ごっこ」ではなく本当に「プロの声優」を目指すつもりだったら、今後は「素人」の意見に耳を貸さないようにしてください。「声優業だけで生活した事が無い人」の話には、プロを目指すのに障害になる「勝手な憶測」や「売れない理由」がギッシリ詰まっています。ちなみに、

 一番身近にいて一番危険な素人は、「声優養成所」のクラスメイトと「あなた自身」です。


『今のは合ってますか?』

「声の演技」は様々な要素の組み合わせで成立しています。「巻末の正解集」みたいに単純なルールはありません。「世の中」と同じです。


『自分は必要を感じませんでした』
『自分には自分なりのやり方が…』

 多くの養成所に年令制限があるのは、ある年令を越えると自分の価値観が固まってきて、「自己判断」を優先し始めてしまうからです。「制作者側の必要」より「自分の必要」やルールを大事にしてしまう人は、アーティストを気取った「モンスター視聴者」に過ぎません。


『そのつもりだったんですけど』

「つもり」は録音できません。「現場」は大抵時間がありませんから、失敗した経緯や理由をダラダラ説明し始めてしまう人は敬遠されます。


『そのかわり…を』
『…ができない分…で頑張る』

「下手」を、「気持ち」とか他のものでカバーできると思っている人は「声優業」に向いていません。あなたは? 注文と違う商品を押し付けられても不愉快にならないのですか?


『…で判断しないでほしい』
『本番で判断してほしい』

 大金を投じてあなたを雇った制作者には購入部位を選ぶ権利があります。一方、「売れる人」は「選ばれ方」を選びません。どの部位も等しく美味しいからです。

 新人どうしの技量の差なんて当人たちが考えているほど大きくはありません。最後の最後は「社会性」や「好感度」で選ばれたりします。「世の中」と同じです。


『人数が多くてちゃんと実習させてもらえなかった』

 じゃあ、残った人は何で残れたのですか?


『絶対にあきらめない』

「通学」が「努力」の内に入ると思い込んでいる内は何度チャレンジしても同じです。どうしても再チャレンジしたいのなら「自習」や「自主トレ」を自分自身に馴染ませてからにしましょう。

「教わりたい」とか「習いたい」と言う人には大抵「やる気スイッチ」がありません。どうも「養成所」を「読売文化センター」の朗読教室なんかと勘違いしている人が多いようです。


『声優になりたいという自分の気持ちを大切にして…』

 出た! 最凶最悪の呪文!

 上にいけなかったり事務所に入れなかった人が、あきらめきれずに続けようとする時、必ず口にする強力な呪文です。この言葉を口にして成功した人はいません。「声優養成所」に入る前の人が口にしても効果は同じです。

「画面の向こう側」をよく見てください。

 そこで繰り広げられているドラマ「声優」とか「あなた」は登場していますか?

 出ていません、ね?

 雇用者側がギャラを支払うのは「声優らしさ」や「あなたの気持ち」に対してではありません。雇用者が想定した通りの「役の気持ち」を視聴者に届けられる能力に対してです。

 で、あなたは? 雇用者がいらないと言ってる方を大切にすると……?


『声優というものが分からなくなってしまって……』

 だんだん分からなくなってきたのではありません。「何ひとつ分かっていなかった」という現実がやっと見えてきただけです。ちょっと遅かったかもしれません。

《声優になれない呪文 了》

シャベルテック

必ず何か見つかる最小最強の声優教室

0コメント

  • 1000 / 1000